FISHING CLUB 『半漁人 ~HANGYOZIN~』

三度の飯と釣りが好き!ジギング、ティップラン、イカメタル、タイラバ、ジムニーをこよなく愛する♂

W杯初戦

コロンビア戦

まずは貴重な勝ち点3。次につながる好調なスタートです
日本代表おめでとう!

前回大会の1-4負けの雪辱を果たせたと思います
今後のグループリーグ2戦の弾みにしてほしいですね!

ガンバレ!日本!!!

ただ絶対的に数的有利な状況でも、ヒヤヒヤさせられる状況を演出するコロンビア
恐るべし
とにかく、南米はポテンシャル高いですね


話は変わって
このところ志摩で盛り上がりを見せている
SLJ(=スーパーライトジギング)に会社の後輩と行ってきました
週中で年休取っての釣行なので、船は自分と後輩の2人で貸し切り状態

IMG_20180613_124839.jpg

前日の雨で風強く、船もガンガン流されるので、釣りにくいコンディションではありましたが、
一流し、二流しでイサギの反応はありました

そうそうにヒットしたイサギは引っこ抜いたと同時にフッキングが外れ
無念のオートリリースとなりました

くぅぅぅ、残念( ノД`)
初SLJ、初イサギだったのに

その後はハマチ、サバ、アカハタなどなど多種多様な魚種が釣れて、
ぶっちぇけ、この釣りおもろいです(ノ´▽`*)b☆
キャストして釣るところが、昔のバス釣りを彷彿させるものがありますね

ラインセッティングやジグの重さ、針など微妙な違いで相当に釣果に差が出ます。
これはかなりゲーム性が高い釣りです

また、ライトタックルで釣るので、アタリも鮮明で、
魚を掛けてからのやりとりも、ダイレクトな引きが味わえるところが
ジギング、中深海とは一線を画すものがあります

釣果は、イサギ6、ハマチ1、アカハタ(良型のみ)多数、フエフキ1、シイラ1

炙りシメサバ↓
IMG_20180615_204829.jpg
非常に美味

イサギ、フエフキの塩焼き
IMG_20180615_204842.jpg
当然、美味

また近々SLJアタック行く予定ですよ

<今回のタックル>
 ロッド:非公開
 リール:キャタリナBJ 100SHL
 ライン:タナトル1号
 リーダー:シーガー フロロカーボン4号
 ジグ:30~40g

今回の釣行で分かったことは、キャタリナBJでもトラブルなく、キャスト可能ということでした。

スポンサーサイト

The 自己満足

世間一般ではたいして気にもしない案件ですが、
私、個人的には相当気になってしまって、夜もぐっすり眠れない案件で
大変、申し訳ありません。

まだまだ現役の一世代前のオシアジガーをメンテするときに、
いつもヒヤヒヤする側面にある固定ボルト

IMG_20180603_015442.jpg

奥まってて、ネジも小さいから、外しにくくて、
いつかネジ穴がなめてしまいそうで、
想像しただけでもチビリそうなんです。

しかもネジ外すときに、ボデーまで傷つけてしまいそうになるという
なんとも危険極まりなく恐ろしい案件です。

辛抱堪らず、ネジサイズを計測して、丁度いいサイズの六角穴付ボルトを
探したら、

ありました~~(* ´ ▽ ` *)

IMG_20180602_165555.jpg

ただホームセンターをハシゴしても、地元のカインズ、カーマにはなくて、
諦めかけたその時、
職人さんがこぞって集まるプロショップでやっとこさ見つけました。

ネットなら余裕であるけど、無駄に送料かかるからね
大量買いすれば別だけど。。。

取り付けた感じは、こう↓
IMG_20180603_022111.jpg

イイ感じです。
交換してから気づいたけど、現行の17オシアジガーのココのボルトは
プラス穴から六角穴に改善されているんですね。


もう一個のジガーも同様にやっつけました

これが↓
IMG_20180602_165632.jpg

こう↓
IMG_20180603_014540.jpg

まぁ、作業自体はチョロいもんです。

メンテのついでに、ハンドルが9時のところでクラッチが切れる小技もかましたりました。
※純正は12時(トップ)のところでクラッチが切れる仕様

スロージギングをやる上では、ココでクラッチが入るのが、一番良いように思います。

あとは、
ヒマを見つけて、SLJ(スーパーライトジギング)用のフックを内職した案件です。

IMG_20180601_222459.jpg

針が小さいので、なにかと難儀します(´∀`*;)ゞ

志摩方面では、SLJでイサギが釣れたような情報いただいております。
不本意ながら今週末は子供の面倒とかで釣りにもいけず、モンモンとしております。

おしまい

spyシリーズ 400gと500g入荷

最近はまっている中深海の釣りですが

使うルアー(ジグ)も水深が深くなればなるほど、重たいものを使用します。

ただ、あまり需要がないので、地元でもちょっとマニアックなお店しか置いてありません。
置いてあったとしても、熱烈なファンが飛びつくので、
希少性が高く、結構売り切れていることが多いのは確か。。。

メーカーは定期的に生産してるワケではないみたいで、
一回生産したら、ほとんど作らないから、在庫切れで結構待たされることも

そのもどかしさが、マニアには堪らんのです

そんな中、今回入荷したのはspy400gと500g、spyナロー500gの3点で

さっそく、↓↓これが
IMG_20180527_150029.jpg

↓↓こう
IMG_20180527_152605.jpg

グローでないspy君にはグローテープをあしらって
なんちゃってグロー仕様です。

ペブル君がうっかり八兵衛ばりにナローとすり替わって登場してますが、

『こいつぁうっかりだ!?』

ペブル君が一際小さく見えますが、これでも300gですね

前回の釣行で使用したspy500gのアカキンも同じグローテープでグロー化しましたが、
一回の釣行で全く剥がれることもなく、実釣で信頼性があるのを確信したので

ここぞとばかりに、やったりましたわ(ノ´▽`*)b☆

おしまい

気になる、アレ…

最近シマノから発売されたPEライン

その名も『タナトル』
IMG_20180504_003825.jpg

ラインが10m毎に色分けされているので、仕掛けの水深が分かりやすい
いわゆる、”棚”を”とる”からタナトルと、なんとも分かりやすい命名です

ラインが色分けされているのは、何も真新しいことはなく
普通に一般的というより、すでに常識の範疇

が、しかし、驚くのはコストです。

8本撚りのPEラインで他のPEラインを凌駕する破格の設定

なんともお財布にやさしい価格設定です。
さらに、連結が600mまであるので、まさかの中深海にも使える。

一番細いラインで0.6号までラインナップされているという、かなりの優れもの
船のエサ釣り用ですが、普通にルアーでも使用できると思います。

耐久性は実釣で試してみないと分かりませんが、こうゆう商品を出してくるところが
さすがです。

とりあえず、自分はイカメタル用に0.6号の連結を購入しました。

タイラバとかでも使えると思うので、キャタリナBJ100に巻いてみます



↓↓先日釣ったアコウダイのお刺身です。
IMG_20180513_123630.jpg
釣ってから、1週間寝かせました。

ハラワタを取らずに寝かせると一層甘味と身が柔らかくなるとの船長談から、
しっかり熟成させてあります。

だいぶ捌くときに臭いがきつかったけど、美味でした。
ちなみに、とんこつスープ飲み干したときみたいに腹痛(ピーピー)は起こしていません。



↓↓こちらは金目鯛のアラの味噌汁です。
IMG_20180509_210518.jpg
日本人ならではの味、安定感はバツグンですね。

一蘭

今日は野暮用でお休み頂いて、お昼にチョット余裕があったので、
博多豚骨ラーメン食べてきました。

『一蘭』ってゆう、博多発祥の有名なラーメン店ですわ
カウンターが一つ一つ仕切られてて、外乱を一切シャットアウトして
ラーメンの味に集中して食べるスタイルのお店ですね
そんなチョット個性的なところが、よくテレビとかで取り上げられてたような

かれこれ10年以上前に九州行ったときに珍しくて食べたのを覚えてますが

地元のこんなクッソ田舎に開店するなんて、どうしちゃったのかなって思ったけど
知らぬ間にこんなに全国展開していたのね(*´~`*)

天然とんこつラーメン+替え玉のセットで980円と、まずまずのお値段です。
IMG_20180514_123900.jpg

注文の前に、スープのタレの濃さやにんにくの量、ネギ(青or白)、麺の堅さなどなどカスタマイズできますが、
実際のところは食べ比べしてないので、どう違うのかよくわかりません。。。

博多ならではの細麺ストレートに濃厚とんこつスープでピリ辛味が絶妙だと思います。
さんざんスープの誘惑と葛藤しながら、持前のメンタルの弱さで
結局スープ全部飲み干したら、腹くだったわ(/∀\*)

まぁ、たまにはこうゆうのもヨシとしよう

個人的にはラーメンのみで790円払うなら、横綱ラーメンの方がその値段で大盛にできて、
しかもネギ入れ放題だし、満腹感が得られるから、そっちでイイや。

安定感と安心感のある横綱ラーメン、やはりコスパ最高!!
餃子無料券もチョベリグなり!!

おしまい